●色がツートーンに仕上る?

わたしは、北九州市の小倉に住んでいる者です。

わたしは、長年、真性包茎に悩まされてきました。

包茎というのは、通常陰茎部(サオの部分)を包む包皮が亀頭部にかぶってしまっている状態のことをいいます。

聞くところによると、包茎を放置しておくと垢がたまりやすく、さまざまな菌やウイルスの温床となるとされています。

また、わたし自身の内面においても、包茎であることで後ろめたさを感じてしまっていました。

そんな悩みを解消すべく、北九州市の小倉で包茎手術クリニックで治療を始めました。

小倉にあるクリニックで、真性包茎の治療としてすすめられたのが、手術することです。

包茎手術といえば、金がかかる、痛いとマイナスイメージがどうしてもつきまといがちですが、今の包茎手術ではこれら問題を気にする必要はないそうです。

まず、医療の進歩によって、真性包茎の治療としてメスを使わずに治す手術があります。

そのため、包茎手術による傷跡は心配する必要はありません。

わたしも実際に手術をしてみて、傷跡も目立たず、色がツートーンに仕上るといった失敗もなく順調に治療を終えました。

皆さんの中で、包茎で悩んでいる方はぜひクリニックで相談してください。


***今日のヒトコト***
包茎というのは、通常陰茎部(サオの部分)を包む包皮が亀頭部にかぶってしまっている状態のことをいいます。そんな悩みを解消すべく、北九州市の小倉のクリニックで真性包茎の治療を始めました。